世界中の人間の手を集めて博物館をつくり、平和の施設に、てのひらの作品を設置するのが私の夢である。


by tunisianoyoru

カテゴリ:活動日誌( 1 )

成安造形大学 卒業制作展2015 SELECTION展 
2月16日(月)~3月15日(日)
休館 2月27日(金)、日曜日 3月15日を除く
時間 12時~18時
会場 成安造形大学内 ギャラリーアートサイト ライトギャラリー ギャラリーウィンドウ ギャラリーキューブにて開催中。 

下の写真は成安造形大学内のスパイラルギャラリー 混成文化部展の展示風景。
2015年2月18日~3月15日(日)
b0178362_23132328.jpg

混成文化部展は、山田アキラが近江東部地域のものづくりをしている在野の若者と大学をつなぐ教育活動を企画し、成安造形大学と共同で行ったもの。

完成品にこだわらない現在進行形の作品もあります。

内容は、マンガや符札(フダ)の展示が面白い。
b0178362_00001479.jpg
2月15日の集まる会の展示風景。
b0178362_00023545.jpg
大学スタッフが好意的で、貴重な時間になったと思います。
b0178362_00034579.jpg
2013年るーぶる愛知川のギャラリーで行った「しまさかえ展」ですが、作品のコピーを展示させてもらい、もう一度考えてみたいと思います。
b0178362_00110398.jpg

「閉じる、開ける」は日本の間のとらえ方 「切り分ける、つなぐ」は日本のことばの形 

「知的活性化と身体高揚」は人の生存に関わるもの 「対話型のものづくり」は人間活動の基本となるもの

「人と社会の問題とその解決を考える」は人類共通の問題となるもの

近代化以前の日本の面白いものを現代に結び付けて、成熟した近代化後期の文化をつくっていきたいと思います。







by tunisianoyoru | 2015-02-19 01:33 | 活動日誌