世界中の人間の手を集めて博物館をつくり、平和の施設に、てのひらの作品を設置するのが私の夢である。


by tunisianoyoru

<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

b0178362_2353562.jpg

美術の教育実践をアートとして自己流に再編集、再構築し、表現する作家、若林 隆の作品。

写真は展示風景なので、本番はもう少し整っているはずです。

b0178362_23543075.jpg

これらは、生徒作品でもあり、一表現者としての作家の作品でもある。

b0178362_23545951.jpg

タイトル 愛知高校と美術教育展2

2011年 2月16日(火)から2月27日(日) 10時~18時 21、22日(月、火)は休館

場所 滋賀県 愛荘町立 愛知川図書館・びんてまりの館

b0178362_0133885.jpg

 特に浜崎あゆみの写真を白黒コピーし、生徒に落書きをさせる教育実践が面白い。アンディ・ウォーホールのように再構築した作品は、並の美術作家では太刀打ちできない面白さがある。本の表紙やアルバムジャケットにも使えそうですよ。

 美術関係の雑誌の表紙にしても十分通用する出来だと思う。

 展示を手伝っていて、何か新しいものが生まれる瞬間を見た気がした。
 
by tunisianoyoru | 2011-02-16 00:20 | 作家活動日誌(第二部)